Renato Motha e Patricia Lobato 『Dois em Pessoa volume 供
RMPL-014

2,600円(内税)

購入数

永遠のような瑞々しさを湛えた名作アルバムです

 クワイエット・ムーヴメントを代表するミナス発のデュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートによる新録作は、ポルトガル語圏を代表する詩人フェルナンド・ペソアの作品にオリジナル楽曲を乗せて歌い演奏した、2004年リリースのアルバム『ドイス・エン・ペソア』(DDCZ-1099/1100)の続編です。

 前作のコンセプトをそのまま踏襲しているにも関わらず、13年を経った今、ここまで瑞々しい楽曲を作った彼ら。自分は果たして同じようなフレッシュな気持ちで、お店に立ち続けることができるのだろうか?と何度も問いたくなるような、自戒と憧れが入り混じった素晴らしい作品だと思います。

 そして、今回も2枚組でのリリース。
彼らの出身地でもあるミナスの音楽にフォーカスしたdisk1「Canções」、
MPBやサンバの流れを感じるdisk2「Sambas」に分かれた全26曲収録の大作となりました。

 少なくとも10年は聴き続けることができる名作だと思います。
次回、仕入れるかは未定ですので買い逃しなく。







アーティストについて

 今もっとも良質で、洗練されたブラジル音楽を奏でるシンガーソングライター・デュオ。デュオ名義では7枚のアルバムを本作までにリリース(全てNRTより発売)。
 近年はオリジナル作品と並行して、インドのマントラを演奏するプロジェクトも同時進行。2007年作『サウンズ:平和のための揺らぎ』は「東京のほとんどのヨガ・スタジオに置かれる定番」(ソトコト誌)となる。同時に2010年作『イン・マントラ』はJ-WAVE/月刊ラティーナ共催の<2010年ブラジル・ディスク大賞>関係者投票第2位に選出されるなど、幅広い支持を集める。2009年、2010年、2012年に来日公演を行う。藤本一馬『Dialogues』、No Nukes Jazz Orchestraの同名作、chie umezawa『フロール・ヂ・ミン』への参加やプロデュースなど、日本の音楽家からの信奉も熱い。


[送料]・[お支払い]・[返品特約]について

5,500円以上のお買い上げで送料無料。

ただし、北海道、沖縄、東北地方のお住まいの方は適用外となります。
なお、適用外地域にお住まいで5,500円以上お買い上げいただいた場合、送料を500円とさせていただきます。

また、レターパックプラスに入る商品重量合計600gまで全国一律510円。

計601gからはエリアごとに送料が異なります。代金引換便をご利用のお客様は、600g以内であっても、エリアごとに送料が異なります。

クレジットカード決済、代引対応

VISA/MASTERS/DINERSでのカード決済が可能です。またゆうパックコレクトによる代金引換便に対応しています。
なお、詳細は特定商取引法に基づく表記をご覧ください。