ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート 『スニエ』
NKCD-1002/1003

3,000円(内税)

購入数

ブラジル ミナス出身のデュオによる
ゆらぎと旋律による21世紀のアンサンブル

 “Sunni-e” = 深く耳を澄ますやり方。
クワイエットムーヴメントを代表するデュオによる、マントラ演奏の決定版/2枚組。
ゆらぎと旋律による21世紀のアンサンブル、さらにその先へ。
 窓を開け、本作を聴いているとイソヒヨドリのさえずりや滝を流れる水、通り過ぎる車の音、誰かの話し声すらまるで一つの音楽として溶け合っていく不思議な感覚を覚えます。時代も地域も飛び越えた、この世界で最も洗練された音楽のひとつと言っても過言ではないと思います。
 また、彼らの作品に一貫する室内楽や教会音楽のような静謐で美しいハーモニーもしっかりと堪能できるアルバムです。




アーティストについて

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート
 今もっとも良質で、洗練されたブラジル音楽を奏でるデュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート。
 1999年にデュオ名義初となるアルバム『アンチーガス・カンチーガス』を発表、以来2012年までに7枚のアルバムをリリース(いずれもNRTより発売)。ミナス音楽特有の透明な空気感を湛えながら、ジョアン・ジルベルトの系譜を感じさせる正統派MPBアーティストとして現代屈指の人気・実力を誇る。
 近年はオリジナル作品と並行して、インドのマントラを演奏するプロジェクトも同時進行。2007年作『サウンズ:平和のための揺らぎ』は「東京のほとんどのヨガ・スタジオに置かれる定番」(ソトコト誌)となり、東京のヨガ・シーンでもっともポピュラーなアーティストでもある。同時に、2010年作『イン・マントラ』はJ-WAVE/月刊ラティーナ共催の"2010年ブラジル・ディスク大賞"関係者投票第2位に選出されるなど、幅広い支持を集める。2009年、2010年の来日公演も話題に。2012年に静かな音楽祭"sense of quiet"への出演で3度目の来日を果たす。
 主に作曲を担当するヘナート・モタは、デビュー作の100万枚を超えるヒットでブラジルを代表するシンガーとなったマリア・ヒタにも楽曲を取り上げられるなど、コンポーザー/プロデューサーとしても多くの仕事がある。日本のブラジル音楽シーンを代表するシンガー、chieの3rdアルバム『フロール・ヂ・ミン』(2010年)のプロデュースも手掛けている。

商品重量:132g


[送料]・[お支払い]・[返品特約]について

5,500円以上のお買い上げで送料無料。

ただし、北海道、沖縄、東北地方のお住まいの方は適用外となります。
なお、適用外地域にお住まいで5,500円以上お買い上げいただいた場合、送料を500円とさせていただきます。

また、レターパックプラスに入る商品重量合計600gまで全国一律510円。

計601gからはエリアごとに送料が異なります。代金引換便をご利用のお客様は、600g以内であっても、エリアごとに送料が異なります。

クレジットカード決済、代引対応

VISA/MASTERS/DINERSでのカード決済が可能です。またゆうパックコレクトによる代金引換便に対応しています。
なお、詳細は特定商取引法に基づく表記をご覧ください。